即日融資ができるキャッシングは珍しくない

即日融資のためだけに消費者金融を選択するのであれば情報収集が足りないとしか言いようがありません。

 

確かに消費者金融は即日融資の可能性が最も高くなっています。それは、インターネット申し込みもありますが、やはり自動契約機の存在が非常に大きなものとなります。

 

消費者金融だけではなく銀行カードローンにも即日融資が可能な方法があります。

 

三井住友銀行カードローンのローン契約機、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのテレビ窓口も消費者金融の自動契約機と同じ働きをします。

 

いずれも年中無休であり店舗の営業時間よりも長い営業となっており、その場で申し込みからカード発行までが完結します。

 

借り入れは併設されているATMからとなりますので借り入れまでがワンセットです。

 

それでは即日融資が可能な業者を確認してみましょう。

 

銀行カードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
  • 新生銀行カードローンレイク

 

消費者金融

  • アコム
  • プロミス
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン

 

これらのキャッシング業者が即日融資可能となっていますが、用意されている申し込み方法すべてが、即日融資の可能性があるわけではありません。

 

同じ業者の中でも即日融資が可能な方法と、そうではない申し込み方法がありますので、気をつける必要があります。

 

消費者金融であれば自動契約機からの申し込みが最も即日融資の確実性が高くなっていますが、そのほかにはインターネット申し込みでも振込キャッシングを使うことによって、即日に借り入れが可能です。

 

振込キャッシングを利用するときには、手続き時間に気をつけましょう!

平日の15時までが銀行の振込み実施対応時間となっていますが、手続きの時間を含めて平日14時45分までに手続きが完了することが、即日の振込キャッシング条件となっている消費者金融が多くなっています。

 

それでは、銀行カードローンでは即日融資のために、どのような方法があるのかを確認していきましょう。

 

三井住友銀行カードローン

ローン契約機で契約をすること、これが即日融資の唯一の方法です。申し込みはローン契約機からだけではなく電話でも行うことができますが契約はローン契約機でなくてはなりません。なぜならばカードが無ければ借り入れができないからです。審査対応時間と営業時間は9時から21時までとなっています。時間に余裕を持って来店をしましょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行店舗にあるATMコーナーにテレビ窓口があります。営業時間は平日が9時から20時、土曜祝日が10時から18時、日曜日が10時から17時です。審査可能時間が平日は9時から21時、土日祝日が9時から17時となっています。

 

土曜祝日だけは営業時間よりも1時間早く審査対応時間が終了となりますので気をつけましょう。三井住友銀行カードローンと同じく、カードがあって初めて借り入れができるバンクイックでは、テレビ窓口での契約だけが即日融資の可能性を持っています。インターネットで申し込みをしても、即日融資を希望するならばテレビ窓口での契約をしましょう。

 

新生銀行カードローンレイク

消費者金融の形をそのままに残していますので、自動契約機からインターネットまで幅広い即日融資の方法があります。全国展開がなされており、一般的な銀行カードローンのように店舗に併設されている自動契約機とは違って、レイクの自動契約機は消費者金融のものと変わらず独立型です。

 

各市町村に1店舗はあるだろう、そのくらいに多くの数が設置されています。自動契約機は8時45分から21時までとなっており年中無休です。インターネット契約でも振込キャッシングで即日融資が可能です。

 

審査可能時間は8時10分から21時50分までです。毎月第3日曜日だけは19時までの審査可能時間になっています。銀行カードローンの中では消費者金融の土台を持つ新生銀行カードローンレイクが最も多くの即日融資の契約方法をもっています。