借り入れも返済も手数料がかからない方法もある

金利、借入期間、借り入れ金額による利息は元金以外にかかるコストです。利息は節約することもでき、場合によっては無利息期間を活用して利息の支払いをなくすることもできます。

 

元金以外にかかるコストが利息のほかにもあることはご存知でしょうか?
それは利用手数料です。

 

借り入れや返済をするためには、手数料がかかる方法があります。

 

まずは、一般的に利用手数料が無料となる方法には、どんなものがあるのかをご紹介していきましょう!

 

自社ATMの利用

消費者金融では自動契約機の中に専用の自社ATMを用意しています。銀行カードローンならばその銀行のATMが自社ATMになりますので店舗の数だけATMがあります。

 

自社ATMはATM利用手数料が無料です。営業時間に限りがあり、そして設置数にも限りがありますが手数料無料は大きなメリットです。

 

また、消費者金融の自社ATMであれば、詳細な利用明細書が発行されることも少なくはありません。

 

適用されている金利から返済額の内訳、完済予定など実に細かな項目が記載されていますので、債務の現状を知るためには有効な手段となるでしょう。

 

インターネット返済

銀行カードローンでは取り扱いが多くはありませんが、消費者金融であれば会員ページから行えるインターネット返済があります。利用手数料は無料です。

 

インターネット返済とは、インターネット専用バンキングからの返済となりますのでいわゆる振込返済のインターネット版と考えてよいでしょう。

 

インターネットバンキングからその消費者金融の指定口座に返済額を入金する、これでは通常の振込みと変わりありませんので振込手数料がかかります。

 

会員ページからインターネット返済を選択し、そこからインターネット専業バンキングへリンクとなります。

 

そして、返済をすると手数料無料でのインターネット返済が完了です。

 

口座引き落とし

自動支払いや口座振替と呼ばれることもありますが、返済期日に指定の口座から最低返済額もしくは指定の返済額が自動的に引き落としされる返済方法です。

 

毎月返済に向かう手間をかけなくてもすむだけではなく、手数料はかかりません。利用手数料が無料の返済方法は意外に多くあることがお分かりいただけたでしょう。

 

しかし、ご覧になってもわかるように万能ではありません。

 

基本的には口座引き落としで毎月確実な返済をしておきながらそのほかの返済手数料無料の方法を使って計画的に返済をしていくことが望ましいでしょう。

 

そのほか、キャッシング業者によっては返済手数料が無料となる方法もあります。

 

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

自社ATMだけではなく提携ATMの利用手数料も無料です。口座引き落としも当然ながら手数料がかかりませんので、借り入れにも返済にもかかる手数料は一切ありません。

 

・プロミス

インターネット返済や自社ATM、口座引き落としはもちろん利用手数料無料です。プロミスのポイントサービスでポイントをためることで一定期間の提携ATM利用手数料無料と交換ができます。

 

まとめ

キャッシング業者によっては返済手数料無料の方法が多く用意されていることもあります。元金以外にかけるのは最低限の利息だけにしましょう。

 

返済や借り入れには手数料がかからない方法が必ず用意されています。余分な金額を支払うことはありません。利用手数料無料の方法を使ってキャッシングを完済しましょう。